Bloom the World

海外出張や旅行をしながら、世界の今日の一皿、建物、文化あれこれ。ときどき腕時計。

世界の都市の交通渋滞ランキング!

世界の都市のラッシュアワー交通渋滞ランキング!

 

日本の都市部では、電車、地下鉄、路線バスなど様々な公共交通インフラが整備されています。わたしも日本では電車に揺られて通勤しています。

 

一方、世界に目を向けると公共交通インフラは日本ほど充実していないことがほとんどです。アジアの多くの国々では、鉄道は都市間を移動するためのもので、長距離移動を目的として利用します。そこで、通勤の中心となる移動手段が、車やバイクです。

 

今回は、ラッシュアワー時に交通渋滞がひどい都市のランキングを紹介します。引用元は、都市の交通渋滞の分析を行っているインリックス(INRIX)社の統計情報です。

インリックス社公式サイト→http://inrix.com/

 

 

◯ 交通渋滞が最もひどくなる都市はロサンゼルス!

 

  1. ロサンゼルス(アメリカ)
  2. モスクワ(ロシア)
  3. ニューヨーク(アメリカ)
  4. サンパウロ(ブラジル)
  5. サンフランシスコ(アメリカ)
  6. ボゴタ(コロンビア)
  7. ロンドン(イギリス)
  8. アトランタ(アメリカ)
  9. パリ(フランス)
  10. マイアミ(アメリカ)
  11. バンコク(タイ)
  12. ジャカルタ(インドネシア)
  13. ワシントンDC(アメリカ)
  14. ボストン(アメリカ)
  15. イスタンブール(トルコ)
  16. メキシコシティ(メキシコ)
  17. シカゴ(アメリカ)
  18. メデジン(コロンビア)
  19. クラスノダール(ロシア)
  20. シアトル(アメリカ)

 

f:id:Mr_Bloom:20181110002651p:plain

 

 

 

◯ 渋滞がひどい国はアメリカ、その他には首都級の都市がランクイン

 

結果はアメリカの都市が多く、ワースト20のうち、9都市でした。アメリカは車社会と言われる所以ですね。去年、ロサンゼルスでは通勤者の84%が車を使用したそうです。また、アメリカに在住していた人も、ニューヨークなど一部の大都市の地下鉄の沿線を除いては、車で通勤すると言っていました。

 

アメリカの他には、サンパウロ、ボゴタ、ロンドン、パリなどがランクインしています。いずれも首都級の大都市ばかりです。アジアでは、バンコクが11位に、ジャカルタが12位にランクインしています。両都市でドライバーがラッシュアワーの渋滞に巻き込まれた時間は、1年間で平均60時間を超えたそう…。ロサンゼルスでは、100時間を超えています(笑)。

 

 

 

◯ 交通渋滞の分析方法

インリックス(INRIX)社による調査では、38カ国 1,360の都市を調査対象としています。ちなみに日本は分析対象の国になっていないようで、データはありませんでした。

分析は、道路センサーだけでなく、車両からのデータを分析と統合して行っているそうで、交通渋滞のパイオニアとしての地位を築いています。こういったビッグデータを扱い、都市が抱える課題や、都市計画をより良くしていけそうで、夢がありますね!

 

 

◯ 今回のまとめ

日本の通勤電車はおそるべきものですが、海外の交通渋滞もまたおそるべき現象かもしれませんね。

私の経験では、バンコクでひどい渋滞を経験しました。渋滞さえなければ、空港からバンコク市内には40分~50分くらいだったと思います。しかし、同じ区間で2時間以上かかり、あやうく飛行機に乗り遅れそうになったことが。

こういったビックデータの分析能力の向上で、渋滞が少しでも改善されると良いですね。